成人式に振袖を着るための前日までの準備&流れは?

成人式には振袖を着て成人の日を迎えたい!という女子も多いと思います。
振袖はレンタルにするか?購入にするか?それも迷われるとこですね。
それも含め成人の日に振袖を着るためにはどんな準備が必要なのでしょうか?
振袖

振袖レンタル・購入どちらにしろ成人の日を迎えるにあたり慌てなくていいように
しっかり準備に必要なものややるべき事などをチェックして
早めにスケジュールを確認しておきましょう。

 

【成人式に振袖を着るにあたっての前準備】

☆振袖に関してしっかり情報を収集しましょう。
(1年半前~)

振袖をレンタルにするか購入にするかを決めるにあたり雑誌やネットなどで情報収集をする。
(母親の着たものを着る場合は少しゆっくり目でも大丈夫)
ネットや地元の呉服屋さんなどへパンフレットを送ってもらってじっくり見てみるのもいいでしょう。
地元でやってりる呉服屋さんやデパートなどの展示会へも足を運んでみましょう。
振袖レンタルショップでもパンフレット送ってもらったり実際の店舗への足を運んでみるといいでしょう。

 

☆振袖はレンタルにするか購入するか?を早めに決め
お気に入りの振袖をしっかり選びましょう。
(1年半~1年前)

成人式に振袖を着る方はその年の成人式が終わったくらいから本格的に選び始めますし
振袖を販売してたりレンタルしてるショップも来年の成人の方向けへとアピール開始するようです。
購入するかレンタルするかを早めに決めて
もし購入するのなら専門店や展示会へ足を運び早めにお気に入りの振袖を見つけ
試着したり採寸したりして注文されるといいでしょう。
レンタルの場合も人気振袖から早期に予約が入るので
レンタルする場合はレンタルショップを早めに決めて
お気に入りの振袖を早期に予約し確保しておくことをおすすめします。

 

☆振袖の記念写真は前撮りしておきましょう。
(8ヶ月前~)

振袖を購入する場合もレンタルする場合も成人式当日は着付けなどあわただしいので
記念写真は前撮りがおすすめです。
振袖レンタルの場合は前撮りやヘアメイク・着付けなどが全てセットになってることも多いので
早めに確認して予約をしておくとよいでしょう。
購入の場合も購入する呉服屋さんで着付けや前撮りまでサービスしてくれるところもあるので
交渉次第ということも多いので呉服屋さんで購入の際には掛け合ってみることもおすすめします。
もしない場合は近くの写真館などで記念写真を撮ってくれるところを探し
前撮りの時の着付けやヘアメイクなども呉服屋さんと相談してみましょう。

 

☆当日のヘアメイクや着付けをしてもらうサロン・美容室を予約しておきましょう。
(4ヶ月前~)

成人式当日は早朝からサロン・美容室はヘアメイク・着付けの予約でいっぱいになります。
都合のよい時間から予約が埋まっていくので早めに予約を入れておくのがいいでしょう。
行き着けの美容室があればそこでヘアメイク&着付けをやってもらえるか相談してみるとよいでしょう。
レンタルの場合もセットになっていたり呉服屋さんで購入した場合もそこで着付けをしてくれる場合もあるので
前もってしっかり確認して準備をすすめましょう。

 

【成人式に振袖を着る・前日~当日の流れ】

・成人式前日
成人式当日の持ち物をしっかりチェックしましょう。

成人式当日は早朝より着付けがあったりでバタバタと慌てるので
持ち物などはしっかり前日にチェックして確認し準備しておきましょう。
当日着付けしてもらう時に着ていく洋服も準備しておきましょう。
着付けの前にヘアメイクをすることが多いのでヘアメイクをした後にそのまま脱げるように
前開きの洋服を着ていくのを忘れないようにしてください。
(セーターやトレーナーなどかぶるタイプはNGです)

 

・成人式当日

(ヘアメイク&着付け)
前開きの洋服を着るのを忘れないように髪の毛はスタイリング剤は使わない方がいいでしょう。
メイクがしやすいように朝はノーメイクでいくのがいいでしょう。

(会場への移動)
振袖を着付けしてもらった後の移動は着付けが崩れないように気をつけて移動しましょう。
混雑した乗り物で移動するとせっかくの着付けやヘアが崩れてしまうこともあるので
出来れば自家用車やタクシーなどで移動するのことをおすすめします。
乗り物に乗るときは特に背中に気をつけましょう。
意識せずに座ってしまってせっかくキレイに結んだ帯が崩れてしまうといけないので
浅く腰掛けて少しだけ前かがみになるといいでしょう。

(成人式本番)
成人式典本番中座席に着席する場合は振袖がしわにならないように
そっとお尻に手をあてながら振袖をのばして座るように心がけましょう。
着席中は袖は膝の上に重ねておくようにします。

(成人式式典終了後)
式典終了後、懇親会や同窓会などの食事会がある場合は
そのまま振袖で行く場合は食べ物などがこぼれないように重々気をつけましょう。
食事中は大きめのハンカチなどを必ず膝の上に置くなどして注意をはかりましょう。
夕方から食事会など時間のある方はいったん自宅に戻って洋服へ着替えていく方も多いようです。

 

成人式は一生に一度の二十歳の記念の式典です。
はじめて振袖を着られる方も多いかと思います。
振袖姿が一生に一度の素敵な思い出の日になるように
しっかりと早めにスケジュールを立てて準備をすすめていきましょう。

素敵な成人式を迎えられるよう少しでもお役にたてたら幸いです。

 

参照書籍 2014振袖日和(新潮ムック)

 

 

 

 

 

フォントタグ
フォントタグ