成人式の由来と慣習

【成人式の由来】

成人式

成人式の由来は

冠婚葬祭の「冠」
皇族・貴族の男子の「加冠の儀」から来たとされる。
冠をかぶり大人になったことを表す儀式。
もしくは武家の男子が十五歳前後で行う「元服」、
女子の行う「鉄漿(かね)つけ祝い」「裳着(もぎ)」などが成人式の由来とされています。

成人の日は以前の1月15日から平成10年ハッピーマンデーの制度が導入されてからは
1月の第二月曜日が成人の日となった。

成人式が各市町村単位で行われるようになったのは
1948年に「国民の祝日に関する法律」が定められてから。

各市町村の成人式には新成人が晴れ着で各地の式典に出席したり
友人たちと祝いのパーティーなどを開いてお祝いする。

成人式の服装は女性は中振袖
男性は紋付き羽織袴やスーツなどが着られることが多いが

決まりはないので正装でなくとも自分らしい服装でよいでしょう。

ここ最近は振袖なども貸衣装という方も増えており
記念写真を撮る方も多くなりましたが
当日は準備も多く時間が限られているので
前もって撮影をする(前撮り)という方法で撮影される方も増えています。

フォントタグ
フォントタグ